[入門][Go]Goに入門してみた

Go

goが使ってみたくなったので、入門してみました。

goの開発環境を作成して、Hello Worldを書くまでをやっています。
macで試していて、goのバージョンは1.15.2です。

PR

goをインストールする

公式にそって、インストーラーからインストールしました。
「1. Go download」 の 「Download Go for Mac」からインストーラーをダウンロードしてインストールします。

インストールが完了すると、下記画面が表示されます。

/usr/local/goにインストールされていることが確認できます。

PR

goにパスを通す

goを使うために環境変数の設定を行います。
インストールされた場所にパスを通すのと、GOでライブラリをインストールした場合にライブラリが置かれる場所(GOPATH)を設定します。

/Users/hoge/.bash_profileに下記を書きかきこんで(ユーザーディレクトリ配下の.bash_profileです)

export PATH=/usr/local/go/bin:$PATH
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$GOPATH/bin:$PATH

その後にsourceコマンドを使って、設定を反映させます。

source ~/.bash_profile

GOPATHは設定していない場合は、GOPATH=$HOME/goになるようです。

hello, worldする

ディレクトリを新しく作成して、hello.goファイルを作りました。

mkdir gotest
vim hello.go

ソースを書いて

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, World!")
}

実行すると、「Hello, World」が表示されました。

$ go run hello.go
Hello, World!

go tour をやってみる

Hello, Worldが終わったので、次はA Tour Of Goをやってみようと思いました。

ローカルでやろうとすると、gotourが実行できない

goのチュートリアルがオフラインで実行できるコマンドを公式をみて下記で取得してみました。
GOPATHを指定していない場合は取ってきたら、go/binの下に入っています。

go get github.com/atotto/go-tour-jp/gotour
gotour

実際に実行してみると…

$ gotour
golang.org/x/tour/gotour has moved to golang.org/x/tour

うーん、このリポジトリは使われなくなった感じでしょうか…

下記リポジトリからgetして実行すると動きました。

go get golang.org/x/tour
tour

不要なライブラリはgo clean -iで消せるようです。

go clean -i github.com/atotto/go-tour-jp/gotour

この記事で出てきたコマンド

go get

指定したリポジトリのコマンドを$GOPATH/binに配置してくれる。
$GOPATH/srcにはソースが置かれる。

公式のこの辺に説明が…

go clean -i

指定したライブラリを削除できる。
srcに残るらしいので、不要な場合はrmコマンドで削除する。

Goプログラミング初心者
PR
独学に限界を感じたら、オンラインのプログラミングスクールへ...
  • Code ViIlage
      挫折させない本気のプログラミングスクール。学習継続率93.3%・卒業生800名以上。
  • DMM WEBCAMP
      働きながら自分のペース学んでエンジニア転職。無料カウンセリング満足度99%!
  • TECH CAMP
      無料カウンセリング満足度95%!本業に活かせる。キャリアアップにつながる。
  • TechAcademy
      現役エンジニアから学べるオンラインに特化したプログラミングスクール。
  • テックパートナーズカレッジ
      WEBシステム開発会社のノウハウが学べるオンラインスクール。14日無料体験有り!
  • \ PHP・Laravelに特化したオンラインスクール /
    yasuakiをフォローする
    コードライク

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました