システム(linux)の時刻を変更する

テストでシステムの時刻を変更することがありました。
dateコマンドやntpdateコマンドなどのまとめです。

PR

date

お馴染みのdateコマンド、オプションなしで実行することで、現在の時間が表示されますね。

[vagrant@localhost ~]$ date
Sat Aug 31 14:32:37 UTC 2019

このコマンドに-sオプションで日時を指定すると時間が変更できます😋

[vagrant@localhost ~]$ sudo date -s "2019/10/01 12:00:00"
Tue Oct  1 12:00:00 UTC 2019
[vagrant@localhost ~]$ date
Tue Oct  1 12:00:01 UTC 2019
[vagrant@localhost ~]$ date
Tue Oct  1 12:00:02 UTC 2019
[vagrant@localhost ~]$ date
Tue Oct  1 12:00:03 UTC 2019

変更しても戻ってる場合

ntpサービスが動いてないか確認して、動いてたら止めましょう

sudo service ntpd stop

vagrantを使っている場合はホストとの同期を切りましょう!

sudo service vboxadd-service stop

ホストとの同期を戻すときはstartで👍

ntpdate

手動で時間を他のサーバーの時間に合わせます。戻すときに使います。

ntpdate ntp.jst.mfeed.ad.jp

みたいな感じで引数にntpサーバーを指定します。

ntpd

ntpdはデーモンとして起動させておくと、一定周期で時間を同期してくれるものみたいです。

service ntpd start

みたいな感じで起動します。こっちのほうはまだよくわかってません👶

shell
独学に限界を感じたら、オンラインのプログラミングスクールへ...
  • Code ViIlage
      挫折させない本気のプログラミングスクール。学習継続率93.3%・卒業生800名以上。
  • DMM WEBCAMP
      働きながら自分のペース学んでエンジニア転職。無料カウンセリング満足度99%!
  • TECH CAMP
      無料カウンセリング満足度95%!本業に活かせる。キャリアアップにつながる。
  • TechAcademy
      現役エンジニアから学べるオンラインに特化したプログラミングスクール。
  • テックパートナーズカレッジ
      WEBシステム開発会社のノウハウが学べるオンラインスクール。14日無料体験有り!
  • \ PHP・Laravelに特化したオンラインスクール /
    yasuakiをフォローする
    codelikeなブログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました