Laravelのバージョン確認とインストール時のバージョンの注意点

LaravelLaravel

Laravelのバージョンの確認方法とインストール時の注意点(バージョンの指定)について書いています。

PR

Laravelのバージョンを確認する

まず、Laravelのバージョンを確認する方法です。
Laravelのプロジェクト配下に移動して、artisanコマンドを使用して確認することができます。

$ php artisan --version

または-Vオプションを使います。

$ php artisan -V

実行すると、このようにフレームワークのバージョンが返ってきます。

$ php artisan --version
Laravel Framework 6.18.15

Laravelでインストール時に注意したいこと

Laravelでは、バージョン6からセマンティックバージョニングが採用されています。
セマンティックバージョンについては、前回の下記の記事に書いたので、参照してみてください。

LaravelをComposerでインストールする時に、マイナーバージョンを指定してもマイナーバージョン以降は、勝手に上がってしまいました。🤯

例えば、このように8.1を指定してプロジェクトを作成しますが

$ composer create-project laravel/laravel=8.1.0 simple_test_laravel

確認してみると、このようにマイナーバージョン以降はアップデートされています。

% php artisan -V       
Laravel Framework 8.34.0

これによって、一部の機能の詳細が変わったことがありました。
同様の手順で、同じように作っても動かなかったことがあったので、注意点としてあげてみました。

マイナーバージョンまで、変えずに指定する方法はあるのでしょうか。
何か知っている方がいたらコメントにて教えてください。😣

LaravelPHPプログラミング
独学に限界を感じたら、オンラインのプログラミングスクールへ...
  • Code ViIlage
      挫折させない本気のプログラミングスクール。学習継続率93.3%・卒業生800名以上。
  • DMM WEBCAMP
      働きながら自分のペース学んでエンジニア転職。無料カウンセリング満足度99%!
  • TECH CAMP
      無料カウンセリング満足度95%!本業に活かせる。キャリアアップにつながる。
  • TechAcademy
      現役エンジニアから学べるオンラインに特化したプログラミングスクール。
  • テックパートナーズカレッジ
      WEBシステム開発会社のノウハウが学べるオンラインスクール。14日無料体験有り!
  • \ PHP・Laravelに特化したオンラインスクール /
    yasuakiをフォローする
    codelikeなブログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました