Laravelのバージョン確認とインストール時のバージョンの注意点

ファイルアップロードする方法Laravel

Laravelのバージョンの確認方法とインストール時の注意点(バージョンの指定)について書いています。

Laravelのバージョンを確認する

まず、Laravelのバージョンを確認する方法です。
Laravelのプロジェクト配下に移動して、artisanコマンドを使用して確認することができます。

$ php artisan --version

または-Vオプションを使います。

$ php artisan -V

実行すると、このようにフレームワークのバージョンが返ってきます。

$ php artisan --version
Laravel Framework 6.18.15

Laravelでインストール時に注意したいこと

Laravelでは、バージョン6からセマンティックバージョニングが採用されています。
セマンティックバージョンについては、前回の下記の記事に書いたので、参照してみてください。

LaravelをComposerでインストールする時に、マイナーバージョンを指定してもマイナーバージョン以降は、勝手に上がってしまいました。🤯

例えば、このように8.1を指定してプロジェクトを作成しますが

$ composer create-project laravel/laravel=8.1.0 simple_test_laravel

確認してみると、このようにマイナーバージョン以降はアップデートされています。

% php artisan -V       
Laravel Framework 8.34.0

これによって、一部の機能の詳細が変わったことがありました。
同様の手順で、同じように作っても動かなかったことがあったので、注意点としてあげてみました。

マイナーバージョンまで、変えずに指定する方法はあるのでしょうか。
何か知っている方がいたらコメントにて教えてください。😣

コメント

タイトルとURLをコピーしました