LaravelでVue.js(v3)を使う方法!

ファイルアップロードする方法Laravel

LaravelでVue.jsのバージョン3を使い始めました。
この記事ではLaravelのバージョン8でVue.jsのバージョン3を導入する方法について書いています。
Laravelのプロジェクトを準備して、Vue.jsのバージョン3を使って簡単な画面を表示するまでを確認しました。

Laravelのプロジェクトを用意する

まず、Laravelのプロジェクトを準備します。
composerを使って、Laravelのプロジェクトを作成します。

$ composer create-project laravel/laravel laravel-vue3-run

Laravelのバージョンは現時点(2021/06)では、下記のように8.48.2です。

$ php artisan -V
Laravel Framework 8.48.2

画面が動作するか確認しておきます。

$ php artisan serve

下記のように画面が表示されました!

LaravelでVue.jsバージョン3を使用する

Vue.jsをインストールする

Vue.jsと関連するライブラリを下記のコマンドでインストールします。

$ npm install vue@next vue-loader@next @vue/compiler-sfc

実行すると、package.jsonが下記のようになります。

{
    "private": true,
    "scripts": {
        "dev": "npm run development",
        "development": "mix",
        "watch": "mix watch",
        "watch-poll": "mix watch -- --watch-options-poll=1000",
        "hot": "mix watch --hot",
        "prod": "npm run production",
        "production": "mix --production"
    },
    "devDependencies": {
        "axios": "^0.21",
        "laravel-mix": "^6.0.6",
        "lodash": "^4.17.19",
        "postcss": "^8.1.14"
    },
    "dependencies": {
        "@vue/compiler-sfc": "^3.1.2",
        "vue": "^3.1.2",
        "vue-loader": "^16.2.0"
    }
}

webpack.min.jsを修正する

webpack.min.jsを修正して、Vue.jsを使えるようにします。
下記のように、vue()を追加しておきます。

mix.js('resources/js/app.js', 'public/js')
    .postCss('resources/css/app.css', 'public/css', [
    ]).vue()

これで、準備完了です。

npm installnpm run devを実行して、ビルドが通ることを確認しておきます。
下記のように表示されれば、問題なくビルドが通っています。

$ npm install && npm run dev

✔ Compiled Successfully in 1041ms
┌───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┬─────────┐
│                                                                                          File │ Size    │
├───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┼─────────┤
│                                                                                    /js/app.js │ 597 KiB │
│                                                                                   css/app.css │ 1 bytes │
└───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────┴─────────┘
webpack compiled successfully

Vue.jsの動作を確認するための画面を追加する

Vueのバージョン3を動かすための環境ができたので、実際に動くかを確認します。

動作確認するための画面を追加して、ルーティングを修正します。
URLのトップ(/)にアクセスされたら、Vue.jsを使用して作成した画面が動くようにします。

Vueコンポーネントを作成する

表示するVue.jsのコンポーネントを作成します。
resources/jsの配下にcomponentsのディレクトリを作成して、resources/js/components/TestVue.vueに作りました。

Vue3でsetup関数内にmountedなどのライフサイクルフックを書くようになりました。

<template>
  Hello Vue !!
</template>
<script>
import { onMounted } from 'vue'
export default ({
  setup() {
    console.log("start vue")

    onMounted(() => {
      console.log('start mounted !')
    })
  },
})
</script>

setupが走ったら、start vueをコンソールに出力します。
そして、ライフサイクルのmountedが走ったら、start mountedをコンソールに出すようにしました。

Vueのマウントを作成する

ビルド対象のresources/js/app.jsを修正し、id属性がappの場所にVueがマウントされるようにします。
Vue3からcreateAppを使用して、マウントするようになりました。下記のように修正します。

require('./bootstrap');

import { createApp } from 'vue'
import TestVue from './components/TestVue.vue';

const app = createApp({})
app.component('test-vue', TestVue);
app.mount('#app')

ビューファイル(app.blade.php)を作成する

初期状態でresources/views配下にwelcome.blade.phpが用意されています。
これがLaravelの初期で表示されるウェルカム画面です。

同じディレクトリにapp.blade.phpを作成しました。
トップ(/)にアクセスされたときに、このbladeを表示させるようにします。

<!DOCTYPE html>
<html lang="{{ str_replace('_', '-', app()->getLocale()) }}">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
        <title>Laravel</title>
        <script src="{{ asset('js/app.js') }}" defer="defer"></script>
    </head>
    <body>
        <div id="app">
            <test-vue></test-vue>
        </div>
    </body>
</html>

scriptタグで、webpackでビルドされたjsファイルを読み込むようにしています。
defer="defer"という属性がついています。
defer属性はHTMLの読み込みが完了した後に、app.jsの読み込みを行うという意味になります。
defer属性がない場合はマウントする場所が見つからないのか、Vueで作ったコンポーネントが表示されませんでした。

ルーティング(routes/web.php)を修正する

トップ(/)にアクセスすると、welcome.blade.phpを呼ぶようになっているので、app.blade.phpを呼ぶようにします。
下記のようにwelcomeの場所をappに変えると良いです。

Route::get('/', function () {
    return view('app');
});

動作確認する

トップページにアクセスすると下記のように表示されました。
setupが最初に読み込まれて、moutedが動いていることが確認できました。

おわりに

最初、Vue3を使い始めるときにlaravel/uiを使う必要があるのかと思ってゴニョゴニョしていました。
ですが今回のようにVueのみをインストールして設定してあげると簡単に使い始めることができました。

今回はひとつのコンポーネントを表示しましたが、SPAで使いたい場合はvue-routerをインストールして設定してあげると使用することができます。
Vue3vue-routerを使用してSPAを始める方法は、また別の記事で書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました