Pythonで文字列を結合(連結)する3つの方法!

PythonPython

Pythonで文字列を結合する方法について書いています。
文字列を結合する場合には、下記の演算子やメソッドを使用できます。

・プラス演算子(`+`)を使う
・プラスイコール演算子(`+=`)を使う
・joinメソッドを使う(文字列のリストから結合)

サンプルコードはPythonのバージョン3.9.12で動作を検証しています。

PR

プラス演算子を使って結合する

プラス演算子を使うことで、結合することが可能です。
文字列や文字を格納した変数に対して、演算子を使用して結合します。

例えば、下記のように使います。

text1 = 'hello,'
text2 = 'world!!'
print(text1 + text2) # hello,world!!

text3 = 'りんごは'
print(text3 + 'apple!!') # りんごはapple!!

text1変数に「hello,」という文字列を格納しました。
text2変数にも同じように、文字列「world!!」を格納しました。

ふたつの変数をプラス演算子(+)で結合して、print関数で出力しています。
結果、結合されて「hello,world!!」が出力されました。

次にtext3変数に「りんごは」を入れて、文字列の「apple!!」とプラス演算子で結合しています。
print関数で出力すると、「りんごはapple!!」になっていることが確認できました。

このように文字列や文字列の変数を、プラス演算子を使って結合することが可能です。
結合した結果をprint関数で出力しましたが、下記のように変数で受け取ることもできます。

result = "pen painapple" + " apple pen"
print(result) # pen painapple apple pen
PR

プラスイコール演算子を使って、代入と結合を一緒にする

プラスイコール演算子(+=)を使うことで、代入と結合を一緒に行うことができます。

例えば、下記のように使います。

fruitsText = 'apple,'
fruitsText += 'banana,'
fruitsText += 'orange,'
fruitsText += 'grape'
print(fruitsText) # apple,banana,orange,grape

最初にfruitsText変数に文字列「apple,」を代入しています。
その後にfruitsText変数に対して、文字列「banana,」をプラスイコール演算子で追加しました。

同じようにして、文字列「orange,」と文字列「grape」も追加しています。
出力して確認すると「apple,banana,orange,grape」が出力されました。

このようにプラスイコール演算子で、元の文字列に足して、結合していくことが可能です。
プラス(+)をつけない場合は、代入になるので、そのまま上書きされます。

joinメソッドを使って結合する

文字列からjoinメソッドを使って、渡したリストの文字列を結合することができます。
joinメソッドの呼び出し元の文字列は、リスト文字列の間に入れる文字列になります。

例えば、下記のように使います。

sushiTexts = ['サーモン', 'はまち', 'エンガワ', 'たまご', 'まぐろ']
print(''.join(sushiTexts)) # サーモンはまちエンガワたまごまぐろ
print(', '.join(sushiTexts)) # サーモン, はまち, エンガワ, たまご, まぐろ

最初にsushiTextsリストに5つの寿司ネタの文字列を入れました。
次の行で、空文字(”)からjoinメソッドを呼んでいます。

空文字なので、リストの文字列が空文字で結合されて、結果が返っていきます。
出力すると「サーモンはまちエンガワたまごまぐろ」が出力されました。

次の行では、文字列「, 」からjoinメソッドを呼んでいます。
呼び出し元の文字列で、リストの文字列を全て結合して返します。
そのため、こちらは結果が「サーモン, はまち, エンガワ, たまご, まぐろ」となります。

渡すのはiterableなので、タプルを渡しても同じように結合可能です。

sushiTexts = ('サーモン', 'はまち', 'エンガワ', 'たまご', 'まぐろ')
print(''.join(sushiTexts)) # サーモンはまちエンガワたまごまぐろ
print(', '.join(sushiTexts)) # サーモン, はまち, エンガワ, たまご, まぐろ

文字列を繰り返し結合する

小技になりますが、乗算演算子(*)を使うことで文字列を繰り返して、結合することができます。

print('さよなら〜!' * 3) # さよなら〜!さよなら〜!さよなら〜!

このように、文字列に乗算演算子(*)を使いました。

右側の数値分、文字列を繰り返してくれます。
「さよなら〜!」に* 3としたことで、3回繰り返して、結果「さよなら〜!さよなら〜!さよなら〜!」となりました。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました