Androidスマホのナビゲーションバーの使い方!(表示・非表示など)

Android

Androidスマホのナビゲーションバーの使い方について書いています。

この記事ではナビゲーションバーの使い方と表示・非表示方法について書いています。
ナビゲーションバーは画面下部にある3つのボタンです。

Androidバージョン10からの新しい端末などはナビゲーションバーが出ていない状態で、ジェスチャーナビゲーションをするようになっていることがあります。
その場合にも設定でナビゲーションバーを表示することが可能です。

ナビゲーションバーについては、公式のこちらのページにも書いています。
今回はGalaxy note10+のOSバージョン12で確認しました。

PR

ナビゲーションバーの使い方

ナビゲーションバーは、下記のようにAndroidスマホの下に設置してある3つのボタンです。
左が「戻るボタン」で、中央が「ホームボタン」で、右が「タスク管理ボタン」です。

Androidのナビゲーションバー

このボタンの使い方について、確認していきます。

戻るボタンを押すと?

左にある、左向きの「<」になっているのが戻るボタンです。

戻るボタンを押すと、ひとつまえの操作前に戻すことが可能です。
ChromeなどのWebブラウザで押すと、ひとつ前のページに戻ることができます。
アプリケーションで押すと、画面遷移したときに前の画面に戻ることができます。

下記はWebブラウザで試しているところです、ページ遷移した後に元のページに戻ることができます。

Chromeブラウザで戻るボタンを押す

ホームボタンを押すと?

真ん中の丸いボタンがホームボタンです。

ホームボタンを押したときに、現在開いているアプリケーションを閉じて、ホームに戻ってくれます。
このようにホームボタンを押すと、ホーム画面に戻ります。

Androidのホームボタンを押す

長押しをすると、Googleアシスタントが起動します。

タスク管理ボタンを押すと?

右側の四角や三本線ボタンがタスク管理ボタンです。
タスク管理ボタンを押すと、現在立ち上げているアプリの一覧が表示されます。

このようにアプリを切り替えることが可能です。

Androidのタスク管理ボタンからアプリ切り替え

こうやってアプリの画面を画面上部にスライドさせて、終了させることもできます。

Androidのタスク管理ボタンからアプリ終了

ナビゲーションバーのデメリット

画面下部に常にボタンが配置されるので、画面が少し狭くなるというデメリットがあります。

PR

ナビゲーションバーを表示する設定

設定アプリを開いて、ナビゲーションバーを表示することが可能です。
Galaxy Note 10+では、「設定 => ディスプレイ => ナビゲーションバー」の順に画面を開いて、ボタンにチェックを入れるとナビゲーションバーが表示されます。

まず設定アプリを開いて、ディスプレイを選びます。

ナビゲーションバーの設定でディスプレイ項目選択

次にナビゲーションバーを選択します。

ナビゲーションバーの設定でナビゲーションバー項目選択

そして、ナビゲーションバーを開いて、ボタンを押します。

ナビゲーションバー画面でボタンを選択

設定項目がない場合には、お使いのスマートフォンの公式ページで説明書が大体あるので、確認してみてください。

ジェスチャーナビゲーションって?

ジェスチャーナビゲーションは、画面に対してフリックすることで、ボタンで操作していたものをジェスチャーで操作できます。
左から画面中央にフリックすると戻る、画面下から上にフリックするとホームに戻るなどです。
これによりナビゲーションバーのボタンを使うよりも直感的に操作ができます。

慣れるとジェスチャーナビゲーションの方が簡単なので、こちらを使う方がおすすめです。

おわりに

今回はAndroidスマホのナビゲーションバーについて確認していきました。
ジェスチャーナビゲーションの方が直感的に操作できるなと感じましたが、ナビゲーションバーのボタン操作の方がやりやすいという人もいると思うので、一度試してみて自分に合う方を使っていきましょう。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました