Laravelでバリデーションを日本語化する方法!

Laravel

Laravelでメッセージを日本語化する方法を解説してみました。
実際に、ここでバリデーションメッセージを日本語化してみている環境はLaravelのバージョン6です。
バージョン8でも同じ手順で日本語化できました。

今回バリデーションを日本語化する対象

今回は下記の必須入力のメッセージを日本語化してみます。

それぞれのファイルの状態についても記載してみました。
気になる方は下記をご確認ください。

bladeファイル

テスト用に下記のファイルを作ってみました。
user_nameとageというinputタグの項目を2つ用意しています。

@extends('layouts.app')

@section('content')
<div class="container">
    @if ($errors->any())
    <div class="alert alert-danger">
        <ul>
            @foreach ($errors->all() as $error)
                <li>{{ $error }}</li>
            @endforeach
        </ul>
    </div>
    @endif
    <form method="post" action="{{ route('test.action') }}">
        @csrf
        <div class="form-group">
            <label for="user_name">ユーザー名:</label>
            <input type="text" id="user_name" name="user_name" class="form-control" />
        </div>
        <div class="form-group">
            <label for="age">年齢:</label>
            <input type="text" id="age" name="age" class="form-control" />
        </div>
        <button class="btn btn-primary">送信</button>
    </form>
</div>
@endsection

コントローラーファイル

テスト用に下記のコントローラーを用意しました。
indexにアクセスされると、上記のbladeが表示されて、testActionにpostされるとバリデーションします。

class TestController extends Controller
{
    public function index()
    {
        return view('test');
    }

    public function testAction(Request $request)
    {
        $request->validate([
            'user_name' => 'required',
            'age' => 'required|integer|min:0',
        ]);
    }
}

ルーティングファイル

上記のファイルのルーティングは下記のようにしました。
/testで画面が表示されて、送信ボタンを押すとtestActionが実行されます。

Route::get('test', 'TestController@index');
Route::post('testAction', 'TestController@testAction')->name('test.action');

バリデーションを日本語化する手順

Laravelのメッセージファイルは初期ではresources/lang/enに設置されています。
enなので英語になっていますね。

1. 既にある言語ファイルをコピーする

既にある言語ファイルをディレクトリごとコピーして、jaディレクトリを作成します。

2. validationファイルのメッセージを書き換える

ファイルの内容を書き換えます。
今回は必須のバリデーションなので、resources/lang/ja/validation.phprequiredの項目を書き換えます。
左がバリデーションのルールで、右がメッセージになっています。

return [
// --- 省略 ---
'regex' => 'The :attribute format is invalid.',
'required' => ':attributeは必須です。',
'required_if' => 'The :attribute field is required when :other is :value.'
// --- 省略 ---
];

今回はrequiredの箇所のみ書き換えましたが、必要な場合は他の項目も書き換えましょう。

:attributeの箇所には入力する画面の項目名が入ります。
項目名についても定義されていないので、下記のように書き換えます。

同じファイルの一番下の方に書いています。

'attributes' => [
    'user_name' => 'ユーザー名',
    'age' => '年齢',
],

項目はname属性の値を同じものを左に書いて、メッセージに表示したい内容を右に書きます。
バリデーションするフォームの項目を追加したい場合は、ここに追記していきます。

3. app/config.phpを書き換える(英語 => 日本語)

デフォルトでは言語設定がenになっているので、jaに書き換えます。
config/app.phpを開いて、下記のようにlocalejaにします。

'locale' => 'ja'

言語設定と一緒にTimezoneも忘れずに設定しておくといいかと思います。
初期ではUTCになっているので、データを登録した時の時間が協定世界時になります。

'timezone' => 'Asia/Tokyo',

4. 動作確認する

ここまで出来ると日本語化されているので、動作確認してみます。

無事、日本語化されました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました