【Python入門】リスト(配列)の使い方!(取り出し/追加/削除)

PythonPython

Pythonでリストを使う方法について書いています。
最初にリストについて簡単に解説して、その後に実際に動作するコードを書いています。

載せているコードはPythonのバージョン3.9.1で確認しました。

PR

Pythonのリスト(配列)とは?

変数だとひとつのデータですが、リスト(配列)を使用すると複数のデータをまとめて処理することができます。
変数だけで処理する場合はデータを保持したいときには、データ個数分の変数が必要になります。

下記のような感じですね。

value1 = 100
value2 = 200
value3 = 300

配列を使用すると、ひとつの配列で複数のデータを保持できます。
上記の変数のそれぞれの値を、配列に入れると、このようになります。

values = [100, 200, 300]

値を取り出したいときには、リストに対して添字を使います。
添字はリストの要素番号のことです。リストには連続して、値が入っています。

リストの添字は最初は0番目からになります。

values = [100, 200, 300]
print(value[0]) # 100が出力される
print(value[1]) # 200が出力される
print(value[2]) # 300が出力される

このように、0番目にアクセスすると100、1番目だと200、2番目だと300というようにアクセス可能です。
図にまとめると、下記のようになります。

Pythonのリストの解説

ユーザー一覧の情報を保持したり、連続したデータを扱う場合に配列を使用すると良いです。

PR

Pythonでリスト(配列)を使う

Pythonでリストを使うときには、角括弧([])を使います。

リストを宣言する

リストを使用する前に宣言する場合には、下記のように角括弧を使って初期化します。

numbers = []

もしくはlist関数を使用して、宣言することも可能です。

numbers = list()

リストの宣言時に初期値を入れるには、下記のように宣言と一緒に初期化します。

numbers = [10, 20, 30]

値を取り出す

リストの値を取り出すには、要素番号(添字)を使用して取り出します。
要素番号の指定の方法もいろいろあります。

要素をひとつのみ取り出す場合には、そのまま要素番号を指定します。
このようにすると、0番目なので10が出力されます。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60 ,70, 80]
print(numbers[0]) # 10が出力される

後ろから取得する場合には、マイナスの値を指定することもできます。
このようにすると、-2を指定したので、70が出力されます。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60 ,70, 80]
print(numbers[-2]) # 70が出力される

範囲を指定して、値を取り出す

範囲指定して、リストを返すこともできます。
範囲指定する場合は、角括弧の中をコロン(:)で区切ります。

このようにすると、要素番号2から5番目の値をリストとして返してくれます。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60 ,70, 80]
print(numbers[2:5]) # [30, 40, 50]が出力される

下記のようにすると、要素の最初から-3番目の前までの要素が取得できます。
結果として、「10, 20, 30, 40, 50」が出力されます。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60 ,70, 80]
print(numbers[:-3]) # [10, 20, 30, 40, 50]が出力される

下記のようにすると、要素の5番目から最後までの要素が取得できます。
結果として、「60, 70, 80」が出力されます。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60 ,70, 80]
print(numbers[5:]) # [60, 70, 80]が出力される
※リストの要素を取得する方法の詳細については、こちらを確認してみてください。
・Pythonのリストから要素を取得する方法!

値を末尾に追加する

リストの末尾に値を追加する場合には、リストからappendメソッドを呼び出して値を渡します。
下記のように、作成したリストからappendを呼ぶことが可能です。

numbers = [1, 2, 3]
numbers.append(77)

print(numbers) # [1, 2, 3, 77]が出力される

numbersリストを作成して、appendメソッドの引数に「77」を渡しました。
こうすると、リストの最後に77が追加されます。

値を途中に追加する

値をリストの途中に追加するには、リストからinsertメソッドを呼び出して使用します。
insertメソッドには、「追加する場所の番号」と「追加する要素」を渡します。

下記では、numbersリストの2番目に999を追加してみました。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
numbers.insert(2, 999)

print(numbers) # [1, 2, 999, 3, 4, 5]が出力される

numbersリストの2番目に999が追加されて、その後はひとつずつずれていることが確認できました。

※リストに要素を追加する方法の詳細については、こちらを確認してみてください。
・Pythonのリストに要素を追加する3つの方法!

指定番号要素の値を削除する

指定した番号の要素を削除するには、delキーワードを使います。
delを書いた後にスペースを開けて、削除したいリスト要素を指定します。

下記では、numbersリストを作った後に、2番目の要素を削除しています。

numbers = [10, 20, 30, 40, 50]
del numbers[2]

print(numbers) # [10, 20, 40, 50]が出力される

numbersリストの2番目を削除した後に出力してみると、2番目の30が削除されていることが確認できました。

値を指定して削除する

リストの値自体を指定して削除することも可能です。
値を指定するにはremoveメソッドをリストから呼んで、「削除したい値」を渡します。

fruits = ['apple', 'banana', 'orange', 'grape']
fruits.remove('orange')

print(fruits) # ['apple', 'banana', 'grape']が出力される

fruitsリストを作成して、4つの果物名を入れました。
removeメソッドを使用して、’orange’を指定しました。

結果、リストの中身が[‘apple’, ‘banana’, ‘grape’]になっていることが確認できました。

※リストの要素を削除する方法の詳細については、こちらを確認してみてください。
・Pythonのリストから要素を削除する4つの方法!

Pythonのリストに入れられるデータ型について

Pythonのリストはいろいろな型のデータを入れることが可能です。
数値・文字列・論理型など、いろいろなデータ型を一緒にひとつのリストに入れることができます。

例えば、下記のように書くことが可能です。

myList = [10, 'apple', [1, 2, 3], True]

作成したリストには、このような値が入っています。

要素番号内容
0数字の10
1文字列のapple
21, 2, 3が入ったリスト
3論理値のTrue

このように、Pythonのリストには同じデータ型ではないものも格納することが可能です。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました