JavaScriptで配列の要素を取得する方法!

JavaScript

JavaScriptで、配列の要素を取得する方法について書いています。
配列の要素とキーを取得する方法と、配列の要素をループする方法などについて記載しています。

PR

配列の要素を取得する

要素番号を指定すると、要素を取得することができます。
例えば、下記のように使います。

let drinks = ['beer', 'wine', 'milk', 'coffee']
let result = drinks[1]
console.log(result) // wine

最初にdrinks配列を4つの要素で作成しました。

次の行で、作成した配列から要素を取得しています。
配列は0番目から数えます。0番目が「beer」で1番目が「wine」というように数えていきます。
今回は「drinks[1]」といった形で「1」を指定しているので、要素の「wine」が返ってきます。

result変数で、要素を受け取って出力すると「wine」が出力されました。

PR

配列のキーを取得する

要素のキーを取得したい場合にはindexOfメソッドを使うことが可能です。

let drinks = ['beer', 'wine', 'milk', 'coffee']
let result = drinks.indexOf('wine')
console.log(result) // 1

最初にdrinks配列を4つの要素で作成しました。

次の行で、indexOfメソッドを使っています。
indexOfメソッドに渡しているのは、配列の値です。同じ値のキーを取得してくれます。
今回は「wine」を指定しているので、要素番号の「1」が返ってきました。

配列の要素をループする

配列の要素をループしたい場合には、forEachメソッドを使うと良いです。

let drinks = ['beer', 'wine', 'milk', 'coffee']
drinks.forEach((value) => {
  console.log(value)
})

最初にdrinks配列を4つの要素で作成しました。
drinks配列からforEachメソッドを呼んで、配列の要素の個数でループしています。
要素がある間、valueにひとつずつ値を取り出して、ループします。

console.logでvalueを出力すると、下記のように値が取り出せていることが確認できました。

beer
wine
milk
coffee

オブジェクト配列の要素を探して取得する

オブジェクト配列も要素番号を指定することで取得可能です。
findメソッドを使用すると、要素の値を調べて、要素を取得することが可能です。

オブジェクト配列のキーを探して取得する

findIndexメソッドを使用すると、要素の値を調べて、要素番号(キー)を取得することが可能です。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました