PHPで数値を文字列に変換する4つの方法!

PHP

PHPで数値を文字列に変換する方法について書いています。

PHPの型変換は、PHPが処理の流れを見て自動的にやってくれるので、基本的には気にしなくても大丈夫です。
この記事では下記の方法で、数値を文字列に変換します。

・stringキャストを使う
・strval関数を使う
・文字列結合を使う
・ダブルクォーテーションに変数を展開する

サンプルコードは、PHPバージョン8.1.8で検証しています。

PR

stringキャストで変換する

キャストを使って、文字列型に変換する方法です。
下記のように「(string)」を使うことで、文字列型に変換可能です。

<?php
$number = 100;
var_dump($number); // int(100)

$numberText = (string) $number;
var_dump($numberText); // string(3) "100"

$number変数に100を代入しています。
var_dump関数で出力すると、整数型(int)になっていることがわかります。

その後に、$number変数の先頭に「(string)」を書いて、文字列型に変換して$numberText変数に代入しています。
var_dump関数で出力すると、文字列の「100」になっていることが確認できました。

PR

strval関数で変換する

strval関数を使って、文字列型に変換する方法です。
下記のように使うことで、変換することができます。

<?php
$number = 110;
var_dump($number); // int(110)

$numberText = strval($number);
var_dump($numberText); // string(3) "110"

$number変数に110を代入しています。
var_dump関数で出力すると、整数型(int)になっています。

その後に、$number変数をstrval関数に渡しています。
strval関数の返り値で、数値の文字列が返ってきます。
返ってきた文字列を$numberText変数に代入しています。

var_dump関数で出力すると、文字列の「110」になっていることが確認できました。

文字列結合で変換する

文字列結合を使って、文字列型に変換する方法です。
下記のように使うことで、変換することができます。

<?php
$number = 120;
var_dump($number); // int(120)

$numberText = $number . "";
var_dump($numberText); // string(3) "120"

$number変数に120を代入しています。
var_dump関数で出力すると、整数型(int)になっています。

その後に、$number変数を「.」を使って、空文字と結合しています。
結合した文字列を$numberText変数に代入しています。

var_dump関数で出力すると、文字列の「120」になっていることが確認できました。

ダブルクォーテーションに変数を展開して変換する

ダブルクォーテーションを使って、文字列の中に変数を展開することで、文字列型に変換する方法です。
下記のように使うことで、変換することができます。

<?php
$number = 130;
var_dump($number); // int(130)

$numberText = "$number";
var_dump($numberText); // string(3) "130"

$number変数に130を代入しています。
var_dump関数で出力すると、整数型(int)になっています。

その後に、$number変数をダブルクォーテーション(")に囲った文字列の中に展開しています。
展開した内容を$numberText変数に代入しています。

var_dump関数で出力すると、文字列の「130」になっていることが確認できました。
シングルクォーテーション(')の場合には、変数を展開することができないので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました