【PHP入門】CodeLikeで始めるPHP入門

PHP

初心者の方に向けて、PHPの入門記事を書いてみました!
DockerでPHPを実行できる環境を作って学習を進めていきます。

Dockerじゃなくても既にPHPの実行環境がある場合は、
それぞれの記事で作成してるものをドキュメントルート(公開ディレクトリ)に設置してアクセスすると動かすことが可能です。

質問やご指摘があれば、コメント欄にてよろしくお願いします。
下記のことが学べます。

・変数について
・代数演算子について
・加算子/減算子について
・配列について
・連想配列について
・if – else文について
・switch文について
・for文について
・foreach文について
・while文について
・関数について
・クラスについて

最初に実行環境を作った後に、簡単な画面に出力するプログラムを作成して学んでいきます。

PHPの実行環境を作成する

まずは、下記でPHPの実行環境を作成します。

Dockerをおすすめしますが、MAMPやXAMPPでも環境を作成できます。
サイト内で解説しているのはDockerとMAMP(MAC)です。

Dockerで環境を作成する

MacもしくはWindowsで、Dockerをインストールします。その後に”Hello, World”をやってみます。

MAMPを使用して環境を作成する(Mac)

MacではMAMPを使用することで、環境構築することも可能です。

こちらで環境を作成した場合は、ドキュメントルートは/Applications/MAMP/htdocsになります。
なので、/Applications/MAMP/htdocs配下に作成したプログラムを置くことで確認することが可能です。

PHPでプログラムを作成してみる

それぞれの記事で、簡単な画面出力のプログラムを作成します。

変数

PHPの変数を使用して、画面出力のプログラムを作成します。
下記のリンク先にて、変数について確認します。

下記は変数に関連して、スコープについて書いています。

代数演算子

代数演算子は足し算・引き算・掛け算・割り算などをする時に使う演算子です。
下記のリンク先にて、代数演算子について確認します。

加算子/減算子

変数の値をひとつ増やしたり、減らしたりする演算子です。インクリメントやデクリメントともいいます。
下記のリンク先にて、加算子/減算子について確認します。

配列

配列は複数の値を使う時に使用します。
下記のリンク先にて、配列について確認します。

連想配列

連想配列は、配列に値を入れる時にキーに文字列が使われている配列です。
下記のリンク先にて、連想配列について確認します。

if – else文

if – else文は「もしxxxだったらxxxをする、そうじゃない場合はxxxをする」というように処理を分岐するための制御構文です。
下記のリンク先にて、if – else文について確認します。

switch文

switch文は値に対して、複数の条件を作成して、条件と同じ場合は分岐するという制御構文です。
下記のリンク先にて、switch文について確認します。

for文

for文は処理を繰り返すための構文のひとつです。
下記のリンク先にて、for文について確認します。

foreach文

foreach文も処理を繰り返すための構文のひとつです。
配列の要素数の回数分、繰り返して処理することができます。
下記のリンク先にて、foreach文について確認します。

while文

while文も処理を繰り返すための構文のひとつです。
for文と違うのはループする条件のみ記載するということです。
下記のリンク先にて、while文について確認します。

関数(function)

関数は同じような処理をひとつにまとめて定義できる機能です。
下記のリンク先にて、関数について確認します。

クラス

クラスはオブジェクト指向プログラミングで、プログラムを作っていくときに使用します。
下記のリンク先にて、クラスについて確認します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました