【作って納得!PHP入門】変数を使ってみよう

PHP

前回はPHPで”Hello, World”を画面に出すところまでやってみました。
本記事では、PHPで変数を使う方法とサンプルを作って実行するところまでを目的としています。

この記事の目標(作るもの)について

このように画面出力されるプログラムを書いて、変数についての理解を深めます。

PHPの変数とは?

PHPで変数を使うときは$マークを使用します。
$マークの後に好きな英数字で変数の名前をつけることができます。

$_test = 1;
$test_ = 2;
$tes_st1 = 3;

変数の命名については下記の注意点があります。
・変数名は大文字小文字を区別する。
・変数名は文字またはアンダースコアから始まり、任意の数の文字、 数字、アンダースコア続く。($の後には数字が使えない。)
・$thisは使用できない。

$thisはクラスを使うときに、使用するものになります。

PHPで変数を使ってみよう

実際に変数を使用して、処理を書いてみましょう。
前回作成したcodelike_web_dockerの配下に、variable.phpという名前で下記の内容で保存します。

<?php
  $fruit = "りんご";

  echo $fruit."<br />";

  $fruit = "みかん";

  echo $fruit."<br />";

  echo $fruit."は甘くて美味しい"."<br />";

  $number1 = 100;
  $number2 = 200;

  echo "足し算:" . ($number1 + $number2) . "<br />";

解説

プログラムの始まりと終わりについて

PHPのプログラムは<?phpから始まります。
これを書いておかないと、プログラムとして認識してくれません。全て文字列として表示されてしまいます。

今回は書きませんでしたが、PHPのプログラムの終わりには?>を使って、終わりということを明示的に書くことも可能です。
HTMLと一緒にプログラムを記載する場合に使うことがあります。

内容の解説

始めに$fruitという変数に”りんご”という文字列を格納して、出力しています。
echo関数は変数(文字列)の内容を出力してくれる関数です。

<br />をつけているのは、ブラウザに出力するときに改行するためです。
次に、$fruitに”みかん”という文字列を格納して、出力しています。
中に入っている”りんご”が上書きされて、出力される想定です。

最後に、$number1$number2という変数に、ぞれぞれ100と200を格納しています。
その後、文字列と連結して出力しています。PHPでは「+」を使うことで足し算になります。

動作確認しよう

思った通りに動いているか確認してみましょう。前回作成した環境を立ち上げます。
variable.phpの編集が終わったら、保存して下記にアクセスします。
http://localhost:8080/variable.php

このように表示されればOKです👌🏻
変数にそれぞれの値を入れて、使えることが確認できました。

“りんご”が出力された後に、上書きされて、”みかん”が出力されました。
足し算の方は、足し込まれて「足し算:300」が出力されましたね。

おわりに

今回は簡単ですが、変数をあつかってみました。
PHPの変数は方宣言が必要なく、変数に直接入れることができるのと、$から始まるのが特徴的ですね。

参考

PHPの開始・終了タグについて
PHP: PHP タグ - Manual
公式ドキュメント・echo関数
PHP: echo - Manual

コメント

タイトルとURLをコピーしました