Pythonのリストから要素を取得する方法!

PythonPython

Pythonのリストに格納した要素を取得する方法について書いています。
載せているコードはPythonのバージョン3.10.5で確認しました。

PR

要素番号(インデックス)を指定して取得する

リストの要素番号(インデックス)を指定することで、リストの要素を取得できます。
例えば、下記のように使います。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange']
fruit = fruits[1]
print(fruit) # greap

最初にfruits変数に3つの果物名を入れて、リストを作成しました。

Pythonのリストは要素を0番目から数えます。
そのため、0番目は「apple」、1番目は「grape」、2番目は「orange」といった形になります。

fruits[1]を指定して、fruitsリストから要素を取得しています。
取得した値を、fruit変数に代入しています。
1番を指定したので、grapeが返ってきて格納されます。

print関数で確認すると、「grape」が出力されました。
無事に1番目の要素が取り出せていますね。

末尾の値を取得する

マイナス値をリストに指定することで、リストの後ろから要素を取得することが可能です。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange']
fruit = fruits[-1]
print(fruit) # orange

先ほどのプログラムのリストの指定値を変えました。
fruits[-1]」のように、-1を指定することで、リストの末尾の要素が取得できます。
fruit変数で受け取って、print関数で確認すると、末尾の「fruit」が出力されました。

PR

リスト要素を範囲で取得する

Pythonのリストは、要素を範囲で取得することが簡単にできます。
例えば、下記のように使うことができます。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange', 'peach', 'cherry']
fruits = fruits[1:3]
print(fruits) # ['grape', 'orange']

最初にfruits変数に5つの果物名を入れて、リストを作成しました。

次の行で、fruitsリストから範囲でデータを取得しています。
fruits[1:3]」と指定しているので、要素の1番目から3番目までの間の要素が返ってきます。

返ってきた要素をfruitsリストで受け取っています。
print関数で出力すると「['grape', 'orange']」の要素が、リストとして返ってきたことが確認できました。

先頭から指定値以降の要素を取得する

コロン(:)の右側を省略することで、指定した値以降のリスト要素を取得できます。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange', 'peach', 'cherry']
fruits = fruits[2:]
print(fruits) # ['orange', 'peach', 'cherry']

先ほどのプログラムの指定している要素番号を修正しました。
fruits[2:]」とすることで、要素番号の2番以降の要素を取得できます。
print関数で出力すると、orange以降の「['orange', 'peach', 'cherry']」が返ってきていることが確認できました。

末尾から指定値以降の要素を取得する

同様にして、末尾から参照して、指定した値以降のリスト要素を取得することができます。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange', 'peach', 'cherry']
fruits = fruits[-2:]
print(fruits) # ['peach', 'cherry']

また、指定している要素番号を修正しました。
fruits[-2:]」とすることで、末尾から参照して、-2番目以降の要素が取得できます。
print関数で出力すると、peach以降の「['peach', 'cherry']」が返ってきています。

リストを要素がある間ループする

for文を使うことで、リストの要素がある間、処理を繰り返すことができます。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange', 'peach', 'cherry']

for fruit in fruits:
    print(fruit)

最初にfruits変数に5つの果物名を入れて、リストを作成しています。

次にfor文を使って、リストをループしています。
fruit in fruits」とすることで、fruitsリストからひとつずつ要素を取り出して、fruit変数に設定しながらループしています。
print関数でfruitの中を確認することで、下記のように全ての要素が出力されました。

apple
grape
orange
peach
cherry

リストの要素番号(キー)を取得する

リストの要素番号を取得するには、indexメソッドを使います。

fruits = ['apple', 'grape', 'orange', 'peach', 'cherry']

index = fruits.index('orange')
print(index) # 2

最初にfruits変数に5つの果物名を入れて、リストを作成しています。

次にfruitsリストからindexメソッドを呼んでいます。
indexメソッドに渡しているのは、リストに存在する要素です。

これで、指定した要素の要素番号が返ってきます。
index変数で要素番号を受け取って、print関数で出力すると、要素番号の「2」が出力されることが確認できました。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました