Pythonで文字列を操作する(結合/置換/分割/含む/変換)

PythonPython

Pythonで文字列を操作する方法をまとめました。
Pythonで下記の文字列操作について書いています。

・文字列結合(連結)
・文字列置換
・文字列分割
・文字列を含むか検索
・文字列と数値を変換

サンプルコードはPythonのバージョン3.10.5で動作を検証しています。

PR

文字列を結合する

Pythonで文字列を結合するときには、プラス演算子を使います。
下記のように、プラス演算子を使うことで文字列を結合することが可能です。

fruits = 'apple ' + 'orange '
fruits += 'banana '
fruits += 'grape'
print(fruits) # apple orange banana grape

最初にfruits変数に対して、文字列を代入しています。
代入している内容は「apple 」と「orange 」をプラス演算子(+)で結合した文字列です。

その後に「+=」を使って、fruits変数の末尾に文字列を追加しています。
追加している内容は、「banana 」と「grape」です。

fruits変数の結合した文字列をprint関数で出力しました。
結果「apple orange banana grape」が出力されます。文字列が結合されていることが確認できました。

PR

文字列を置換する

Pythonで文字列を置換するときには、replaceメソッドを使います。
例えば、下記のように使用することが可能です。

text = "apple banana orange grape"
result = text.replace("apple", "peach")

print(result) # peach banana orange grape

最初にtext変数に文字列「apple banana orange grape」を代入しています。

その後に、文字列が入ったtext変数から、replaceメソッドを呼び出しています。
replaceメソッドに渡している内容は、第1引数に「apple」で第2引数に「peach」です。
第1引数が置換対象の文字列で、第2引数が置換後文字列です。

「apple」が「peach」に置換されて、置換後の文字列が返り値になります。
result変数で、返り値を受け取って、print関数で出力しました。

文字列を分割する

Pythonで文字列を分割するときには、splitメソッドを使います。
例えば、下記のように使用することが可能です。

text = "apple,banana,orange,grape"
result = text.split(",")

print(result) # ['apple', 'banana', 'orange', 'grape']

最初にtext変数に文字列「apple,banana,orange,grape」を代入しています。

その後に、文字列が入ったtext変数から、splitメソッドを呼び出しています。
splitメソッドに渡している内容は、区切り文字になります。
分割対象の文字列を分割する箇所の文字です。今回は「,」を指定しました。

そうすると、splitメソッドの呼び出し元の文字列が「,」で分割されて、リストとして返ってきます。
リストで返ってきた内容をresult変数で受け取っています。

print関数で出力すると、「['apple', 'banana', 'orange', 'grape']」が出力され、リストになって分割されていることが確認できました。
文字列の分割について、こちらの記事に詳細を書いたので、確認してみてください。
Pythonで文字列を分割する4つの方法!(split)
Pythonで文字列を分割する方法について書いています。文字列を分割する場合には、下記のメソッドや演算子を使います。・splitメソッド・rsplitメソッド・splitlinesメソッド・re.splitメソッドサンプル...

文字列を含むか検索する

Pythonで文字列を含むか検索して確認する方法として、in演算子を使うことができます。
例えば、下記のように使います。

text = "apple banana orange"

if "banana" in text:
    print("bananaを含んでいます。")
else:
    print("bananaを含んでいません。")

最初にtext変数に文字列「apple banana orange」を代入しています。

その後に、if文を書いていますが、そこでin演算子を使っています。
in演算子の左側に検索する文字列を書いて、右側に検索対象の文字列を書きます。
今回は、「apple banana orange」を「banana」で検索します。

見つかった場合には、Trueになって、if文の中の処理が行われます。
「banana」は検索対象文字列にあるので、「bananaを含んでいます」を出力して、処理が終了します。

文字列と数値を相互変換

Pythonで文字列を数値に、数値を文字列に相互に変換する方法について書いています。

文字列を数値に変換する

文字列を数値に変換する方法として、int関数があります。
int関数に文字列の数値を渡すと、数値に変換してくれます。

numberText = "777"
print(type(numberText)) # <class 'str'>

number = int(numberText)
print(type(number)) # <class 'int'>
print(number) # 777

numberText変数に文字列の「777」を代入しています。
type関数を使って、型を出力すると、文字列型になっています。(<class 'str'>)

次に、int関数にnumberText変数を渡して、数値に変換しています。
変換した内容をnumber変数で受け取ります。
type関数を使って、型を出力すると、整数型になっています。(<class 'int'>)

値を出力すると、777が出力されて、元の文字列が数値になっていることが確認できました。

数値を文字列に変換する

数値を文字列に変換する方法として、str関数があります。
str関数に数値を渡すと、文字列に変換してくれます。

number = 777
print(type(number)) # <class 'int'>

numberText = str(number)
print(type(numberText)) # <class 'str'>
print(numberText) # 777

numberText変数に数値の「777」を代入しています。
type関数を使って、型を出力すると、整数型になっています。(<class 'int'>)

次に、str関数にnumber変数を渡して、文字列に変換しています。
変換した内容をnumberText変数で受け取ります。
type関数を使って、型を出力すると、文字列型になっています。(<class 'str'>)

値を出力すると、777が出力されました。
元の値のまま、数値が文字列になっていることが確認できました。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが確認できました。 ブラウザの広告ブロッカー機能を無効にしていただくか、codelikes.comをホワイトリストに追加し、更新をクリックしてください。 お手数ですが、よろしくお願いします🙇‍♂️
タイトルとURLをコピーしました