【初心者向け】プログラムのswitch文について(条件分岐)

プログラミング初心者プログラミング

前回はif – else文について、記載してみました。

今回はswitch文について書いています。これも条件分岐するために用意されている構文です。
こちらではswitch文の概念を学んだ後に、実際にjavascriptのコードを見て、switch文の使い方を理解していきます。
それぞれのプログラミング言語で、使用方法が少し違ったりするので、本記事では概念やイメージを掴んでもらえると良いかと思っています。

それでは、switch文を確認していきましょう。

switch文とは?

switch文とは?

switch文はプログラムの中で、条件分岐をするための構文になります。
基本的には単一の値に対して、caseで条件を複数書いて分岐していきます。

実際にコードを見て確認していきましょう。

switch文を使用したコードを見てみよう

switch文を使用したコードを見てみよう

if – else文をswitch文に書き換えてみる

例えば、if – else文で、このように書いている処理があるとします。

let fruit = "apple";

if (fruit === "grape") {
  console.log("ぶどうです。");
} else if(fruit === "lemon") {
  console.log("れもんです。");
} else if(fruit === "apple") {
  console.log("りんごです。");
}

この処理は、最後の”apple”の条件が効いて“りんごです。”が出力されます。
これをswitch文を使用した場合に、このように書くことができます。

let fruit = "apple";

switch (fruit) {
  case "grape":
    console.log("ぶどうです。");
    break;
  case "lemon":
    console.log("れもんです。");
    break;
  case "apple":
    console.log("りんごです。");
    break;
}

switch文はこのように書きます。
switchから始まって、丸括弧()の中に評価したい変数を渡します。

switch (fruit) {

渡された変数の内容で、case文の条件によって分岐することが可能です。
breakは処理が終わった後に、switchを抜けるために書きます。

上記のコードでbreakが書いていなかった場合について考えてみます。
例えば”変数がgrape”だったら、上から順に“ぶどうです。”, “れもんです。”…と出力されていきます。

これを利用して、下記のように複数のcase文をまとめて、処理することもできます。

switch (food) {
  case "tomato":
  case "apple":
    console.log("赤いです。");
    break;
  case "banana":
    console.log("黄色いです。");
    break;
}

上記コードでは、”tomato”または”apple”が入力されていると、どちらも“赤いです。”が出力されます。

単純なif – else文の場合は、switch文を使った方が、見やすくスッキリするので使用した方が良いです。
Go言語のようにbreakを書かない場合もあるので、詳しくはそれぞれの言語仕様を確認しましょう。

defaultについて

switch文の中で、case文とbreak文を使うことがわかったかと思います。
その他に、default文というものがあります。

default文は、どのcaseにも一致しない場合に処理されます。
if – else文で言うところのelseのように、何にも一致しない時に処理される項目です。

javascriptのswitch文で書いてみると、このようになります。

let fruit = "onion";

switch (fruit) {
  case "grape":
    console.log("ぶどうです。");
    break;
  case "lemon":
    console.log("れもんです。");
    break;
  case "apple":
    console.log("りんごです。");
    break;
  default:
    console.log("果物じゃないですね。");
}

まず、fruitに”onion”という文字列を入れています。
どのケースにも属さないため、ここでの出力は“果物じゃないですね。”となります。

おわりに

今回はプログラミングで使用されるswitch文について見ていきました。
switch文のイメージは掴んでいただけましたでしょうか。

プログラミング言語によって書き方が違うので、それぞれ使いたい言語の仕様を確認して活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました