[JavaScript入門]for文を使い方と、4パターンのコード(繰り返し処理)

JavaScript

今回はJavaScriptでのfor文の使い方について、書いています。
使い方を解説して、for文を使用した簡単なプログラムを作成した後に、4パターンのコードを書いてみました。

実際に作成して動かすこともできるのでやってみてください。
JavaScript入門シリーズの前回は、JavaScriptのswitch文について書きました。

PR

for文の使い方は?

for文は、処理を繰り返すための構文になります。

簡単な例を使って解説します。
下記のfor文は10回繰り返して、「hello+回数」をブラウザのコンソールに出力します。

for (let i = 0; i < 10; i++) {
  console.log('hello' + i);
}

forを書いた後に丸括弧でくくります。
最初に初期値を指定します。この初期化は最初の一回だけ、処理されます。
今回は「let i = 0」としているので、変数iを0で初期化しています。

次に条件を書いています。
条件はループの処理が終わるたびに評価され、条件にあわない場合にループが終了します。
今回は「i < 10」としているので、iが0〜9の間繰り返されます。(10回)

最後に変数の値を更新する内容を書いています。
ループの処理終了後に毎回実行される内容になります。
今回は「i++」としているので、iが毎回1ずつ足されて、増加していきます。

iが「0から9」まで、ループが終わるたびに増加して、「10」になった時点で条件の「i < 10」があわなくなるため処理が終了します。
処理の中では「hello」という文字列と変数iを結合して出力しています。
結果として、ブラウザのコンソールに「hello0」〜「hello9」までが出力されます。

まとめ

for文の使い方を抽象的にまとめると、このようになります。

for (初期値; 条件; カウンタ更新値) {
   // 繰り返し行いたい処理
}

箇条書きすると、下記のような形になります。

・「初期値」は最初にカウンタに使用する変数
・「条件」は当てはまる間ループする条件
・「カウンタ更新値」はループに使うためのカウンタを更新するための処理

条件を書く際に、ずっと当てはまる内容にしてしまうと、無限ループが発生するので注意が必要です。

PR

for文を書いてみよう

実際にfor文の処理を書いて実行してみます。
forTest.htmlという名前で、下記のファイルを作成してください。

<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <title>for文のテスト</title>
    <script>
      function forTest() {
        for (let i = 0; i < 10; i++) {
          console.log('hello' + i);
        }
      }
    </script>
  </head>
  <body>
    <button onclick="forTest()">for文のテスト</button>
  </body>
</html>

buttonタグにonclick属性をつけて、ボタンをクリックした時にforTest関数を呼ぶようにしました。

forTest関数では、for文を使用してループするようにしています。
初期値が変数iで0を設定していて、条件がiが0から9までの間ループするようにしています。
カウンタの更新値はi++なので、ループごとに1ずつカウントアップされます。

console.logはブラウザのコンソールに出力してくれる関数です。
google chormeだと、「右クリック => 検証」でコンソールが表示できます。

結果として、「hello0〜hello9」が表示される想定です。

動作確認をする

作成したファイルをクリックして開くと、下記のように表示されます。
ブラウザのコンソールを表示して、「for文のテスト」ボタンをクリックします。
JavaScriptでfor文のテスト

このようにコンソールに「hello0〜hello9」が、ループして表示されることが確認できました。
JavaScriptでfor文のテスト結果

for文を使用した4パターンの処理

for文を使った処理を4パターン書いて、検証してみました。

カウンタの更新値を減らしていく

カウンタの値を減らしていって、ループ処理してみました。
作成した関数の内容を下記のように修正しました。

function forTest() {
  for (let i = 10; i > 0; i--) {
    console.log('hello' + i);
  }
}

初期値として、変数iに10を設定しています。
条件は「i > 0」としているので、iが0を超えている間はループします。
カウンタの更新値は「i--」としているので、ループ処理が終わるごとに、変数の値が減っていきます。

結果として、変数iが10から始まって、1になるまでループ処理が続きます。
コンソールには「hello10〜hello1」までが出力されます。

JavaScriptのfor文でカウンタの更新値を減らしていく

カウンタをひとつ飛ばしで、更新する

カウンタの更新値をひとつずつ以外で設定してみます。
下記のように関数を修正しました。

function forTest() {
  for (let i = 0; i < 10; i = i + 2) {
    console.log('hello' + i);
  }
}

最初に作成した関数と同じ内容で、更新値の箇所だけ「i = i + 2」としました。
こうすることで、変数iはループするたびに2ずつ増えていきます。

コンソールには下記のように、ひとつ飛ばして出力されます。

JavaScriptのfor文でカウンタをひとつ飛ばしで、更新する

終了条件を増やす

条件の箇所に、複数の条件を設定してみます。
下記のように、条件をひとつ追加するように修正してみました。

function forTest() {
  let endFlag = false;

  for (let i = 0; i < 10 && endFlag === false; i++) {
    console.log('hello' + i);
    if (i === 5) {
      endFlag = true;
    }
  }
}

変数endFlagを初期値がfalseで用意しています。
最初に作成した関数に条件を追加して、「変数iが10より低い かつ endFlagfalse」としました。

ループ処理の中で、iが5になった時にendFlagtrueを設定しているので、ここで処理が終わります。
結果として、コンソールには「hello0〜hello5」が出力されます。

JavaScriptのfor文で終了条件を増やす

無限ループになると、どうなる?

わざと無限ループにして、どうなるか確認してみます。

function forTest() {
  for (let i = 0; true; i++) {
    console.log('hello' + i);
  }
}

条件の箇所にtrueを入れたので、ずっとループ処理が周り続けます。

このようにずっと出力されます。
ブラウザが固まってしまうので、実行はしないでください😅

JavaScriptのfor文で無限ループの検証

条件を間違えたり、初期値やカウンタの更新値に気をつけないと、このような無限ループのバグを作ってしまうことがあります。

おわりに

今回はJavaScriptのfor文を確認しました。
実際に使う際には無限ループにならないように、気をつけて使っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました