DockerとVue CLIでVue.jsの開発環境を作成する方法!

DockerとVue CLIでVue.jsの開発環境を作成する方法docker

DockerとVue CLIを使用して、Vue.jsのアプリケーション開発環境を作成する方法を記載しています。
Vue CLIを使うことで、簡単にVue.jsのプロジェクトを作成することが可能です。

今回はDocker環境でVue.jsのプロジェクトを立ち上げてみます。

使用しているツールのバージョンはそれぞれ下記になります。
Docker 4.4.2
Node.js 17
Vue CLI 5.0.1
Vue.js 3.2.1
PR

Vue.jsのDocker環境を準備する

docker-compose.ymlDockerfileを書いて、Vue.jsが動作する環境を作成します。
Docker Desktopを入れていない場合は、先に導入してください。

今回は.vue_v3_dockerというディレクトリを作成して下記のように配置しました。

DockerでVue.js環境を作成する際のディレクトリ構成

docker-compose.ymlは下記のように作成しました。
Vue CLIで作成したプロジェクトを実行した際のポートは8080なので、下記のようにポート設定をしています。

version: '3'
services:
  vue:
    container_name: vue
    build: .
    ports:
      - "8080:8080"
    volumes:
      - "../:/var/www/html"
    tty: true

Dockerfileは下記のように準備しました。
Node.jsはバージョン17を使用して、環境構築時にVue CLIをインストールするようにしました。

FROM node:17-alpine3.14

WORKDIR /var/www/html

RUN apk update && \
    npm install -g npm && \
    npm install -g @vue/cli

EXPOSE 8080
ENV HOST 0.0.0.0

作成した環境を起動する

作成した環境を起動する場合は、下記のコマンドを使用して起動します。
.vue_v3_dockerを配置したディレクトリ配下で実行してください。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml up -d

-fオプションで、ファイルを指定しています。up -dを指定することで、バックグラウンドで起動してくれます。
初回起動後は、下記のようにインストールが走って、起動が完了します。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml up -d
[+] Building 2.6s (7/7) FINISHED
 => [internal] load build definition from Dockerfile 
 => => transferring dockerfile: 32B
#---省略---
 ⠿ Network vue_v3_docker_default  Created
 ⠿ Container vue                  Started

作成した環境を停止する

起動した環境を止めるときは、下記のコマンドで止めることができます。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml down

停止すると、下記のように止まったことが確認できます。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml down 
[+] Running 2/2
 ⠿ Container vue                  Removed                                                                                                                                                      10.2s
 ⠿ Network vue_v3_docker_default  Removed

環境を停止した後に、再起動する場合は先ほどのコマンドを使用します。
一度コンテナを作成しているので、次回からは起動が早く済みます。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml up -d
PR

Vue.jsのプロジェクトを作成する

環境を起動した後に、Vue.jsプロジェクトを作成します。
先ほど作成した環境を立ち上げた後に、下記コマンドを使用して、Dockerコンテナに入ります。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml exec vue sh

コマンドを実行すると、下記のようにコンテナ内に移ります。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml exec vue sh
/var/www/html #

インストールしていたVue CLIを使用して、プロジェクトを作成します。
vue create [プロジェクト名]」でプロジェクトの作成ができます。
今回はfirst-appという名前でプロジェクトを作成しました。

# vue create first-app

実行するとVue3Vue2、もしくは手動でプロジェクトを作成するかを聞かれます。

Vue CLI v5.0.1
? Please pick a preset: 
❯ Default ([Vue 3] babel, eslint) 
  Default ([Vue 2] babel, eslint) 
  Manually select features

今回はVue3を選択しました。
YarnNPMではNPMを選択しました。

Vue CLI v5.0.1
? Please pick a preset: Default ([Vue 3] babel, eslint)
? Pick the package manager to use when installing dependencies: 
  Use Yarn 
❯ Use NPM

少し待つと、プロジェクトの作成が完了して、下記のメッセージが表示されます。

🎉  Successfully created project first-app.
👉  Get started with the following commands:

 $ cd first-app
 $ npm run serve

動作を確認する

作成したプロジェクトを起動して、ブラウザからVue.jsのWelcome画面を表示してみます。
まず、Dockerコンテナに入っていない場合はコンテナに入ります。

$ docker-compose -f .vue_v3_docker/docker-compose.yml exec vue sh

コンテナに入った後は、作成したプロジェクトのディレクトリ配下に移動します。

# cd first-app

下記コマンドで作成したVue.jsのプロジェクトを起動します。

# npm run serve

起動が完了すると、ターミナルは下記のような状態になって、起動していることが確認できます。

Vue.jsプロジェクトの起動状態

この状態で、ブラウザから `http://localhost:8080/` にアクセスします。
すると下記のように、作成されたプロジェクトのWelcome画面が表示されることが確認できました!

Vue.jsのWelcome画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました