Markdownで忘れがちなトピックス5つ

Markdown

Markdown関連で忘れがちな内容をまとめてみました。
Markdownの書き方の一覧については、こちらをご覧ください。

改行はどうする?

Markdownで改行する場合は、行末にスペースを2つ入れます。(下記ではわかりやすく[スペース]としています)

なんかの文字列[スペース][スペース]

環境によって(Qiita・Wordpressなど)は自動的に改行してくれます。

linkを入れるにはどうするの?

角括弧「[]」にタイトルを入れて、丸括弧「()」にリンク先を入れます。

[コードライクなブログ](https://codelikes.com)

属性、relやtargetはつけれないのか?

調べてみましたが、rel=”nofollow”target=”_blank”などの属性値を入れることはできないようです。
あればいいのに…

こういう場合はHTMLのaタグを直接使うしかなさそうですね。

チェックボックスは作れる?

チェックボックスを作る場合は下記のようにします。
– (ハイフン)の後にスペースを入れて、角括弧の中にチェック状態をx (小文字エックス)で記載します。
その後にスペースを入れて項目名です。

- [ ] チェック項目1
- [x] チェック項目2

QiitaやGithubでは表示されますが、VSCodeでは表示されませんでした。
表示するサービスによっては使えないため、注意が必要です。

箇条書きのやり方は?

-*+のいずれかでリストが作成できます。
スペースを2つ入れて、リストにするとインデントして書くことができます。

- リスト1
- リスト2
- リスト3
  - リスト3-1
  - リスト3-2

番号付きの箇条書きリストを作成する場合は、番号をつけて記載します。
下記のような感じです。

1. testa
2. testb
3. testc

番号は全て、1でも表示するときには連番にしてくれます。
増えたり減ったりする可能性がある場合は、下記のように番号は全て1にしておいた方が良さそうです。

1. testa
1. testb
1. testc

画像サイズは?

画像を作成するには、下記のように!から初めて角括弧「[]」の中にalt属性のテキストを書きます。
丸括弧「()」に画像までのパスを入れます。(拡張子を含む)

![alt属性のテキスト](https://画像までのパス)

画像のサイズの指定も調べてみましたが、ありませんでした。
widthやheightなど、簡単に指定できるといいのですが…

指定したい場合はimgタグを使うことになりそうです。

MarkdownWeb
yasuakiをフォローする
codelikeなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました