PHPのバージョンを確認する3つの方法!

PHP

PHPのバージョンを確認する方法を書いています。
ターミナル・コマンドプロンプトでコマンドを使用して確認する方法と、ブラウザからPHPファイルにアクセスして確認する方法を書いています。

PR

コマンドで確認する

コマンドで確認するほうが簡単です。ローカル以外に実行環境がある場合はSSHで繋いで、コマンドを実行してみましょう。
コマンドで確認する場合は、phpコマンドを使用して、-v(バージョン)オプションをつけるだけです。

$ php -v

実行すると、下記のように表示されます。

$ php -v
PHP 8.0.1 (cli) (built: Jan  8 2021 12:35:09) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.0.1, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.0.1, Copyright (c), by Zend Technologies

phpコマンドがない?

PHPが使えている環境であれば、phpコマンドは存在するはずです。
下記のwhichコマンドで、phpの実行ファイルが存在している場所が確認できます。

$ which php
/usr/local/bin/php
PR

ブラウザで確認する

FTPだけしか使えないような場所にファイルをアップロードしている場合は、ブラウザから確認することになるかと思います。
phpversionまたはphpinfoという標準関数を使用して、確認することができます。

バージョン情報のみを確認する(phpversion)

phpversion.phpという名前で、下記のファイルを作成しました。

<?php
echo phpversion();

作成したファイルをドキュメントルート配下(URLからアクセスできる場所)に配置します。
アクセスすると、下記のように表示してくれます。名前の通りの関数ですね。

phpversion関数でPHPのバージョン確認

バージョン情報を含めたPHP情報確認(phpinfo)

phpinfo.phpという名前で、下記のファイルを作成しました。

<?php
echo phpinfo();

アクセスすると、下記のようにいろいろな情報を表示してくれます。
バージョンは1番上のタイトルのところに書いています。

phpinfo関数でPHPのバージョン確認

他にもphp.iniの場所や、PHPのライブラリの有効状態などを見ることができます。

バージョン情報以外にも確認したいことがよくあるので、こちらの関数をよく使うことになるかと思います。覚えておくと便利です。
コマンドで同じようにPHPの情報を確認するには-iオプションを使用して、php -iを実行します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました