vscodeでインデントとタブ・スペースを設定する

プログラミング

vscodeでインデントとタブ・スペースを設定する

Visual Stadio Codeでインデント・タブ・スペースを設定する方法を確認した際にまとめてみました。
vscodeのバージョンは1.52.1を使用しています。

デフォルトのインデント(スペースまたはタブ)を設定する

インデントは標準ではスペースを使うようになっているようです。
タブに切り替える方法ですが、まず下記の項目を設定から表示します。(メニューから下記のように選択します)

英語表示の場合:
Preference > Settings > Text Editor > Indent Spaces

日本語表示の場合:
基本設定 > 設定 > テキストエディター > Indent Spaces

このように、チェックが入っていない状態になると、スペースからタブ文字に切り替わります。

スペースにしたい場合はチェックを入れておきます。

settings.jsonを確認すると、“editor.insertSpaces”の項目がfalseになっています。
settings.jsonはユーザーごとのvscodeの設定内容が記載されているファイルです。

"editor.insertSpaces": false

タブ・スペースをエディタに表示する方法

それぞれメニューから下記のように選択します。

英語表示の場合:
Preference > Settings > Text Editor > Render Whitespace

日本語表示の場合:
基本設定 > 設定 > テキストエディター > Render Whitespace

設定項目を[all]または[boundary]にします。
設定項目の内容は下記です。

項目内容
none設定なし、スペースを表示しない
boundary単語間の単一スペース以外を表示する
selection選択したテキストのみスペースを表示する(これがデフォルト)
trailing末尾の空白のみ表示する
all全ての空白を表示する

設定の確認

デフォルトでは、カーソルで選択した場合のみ表示が変わります。

allを設定すると、このようになります。

boundaryを設定すると、文字間の1文字スペースは表示されません。

プログラム言語ごとにタブ・スペースを設定する

プログラム言語ごとにタブ・スペースの設定をするにはsettings.jsonを編集します。
settings.jsonに下記のように追加します。

下記はtypescriptの設定です。
“editor.tabSize”でインデントのサイズを指定します。
“editor.insertSpaces”をtrueにすると、スペースを使うようになります。

"[typescript]": {
    "editor.tabSize": 2,
    "editor.insertSpaces": true
}

複数設定すると、このようになります。

// ---- 省略 -----
"[html]": {
    "editor.tabSize": 2,
    "editor.insertSpaces": true
},
"[php]": {
    "editor.tabSize": 4,
    "editor.insertSpaces": true
},
"[javascript]": {
    "editor.tabSize": 2,
    "editor.insertSpaces": true
},
"[typescript]": {
    "editor.tabSize": 2,
    "editor.insertSpaces": true
},
// ---- 省略 -----

表示中のコードの設定を確認・変更する

設定の確認

現在設定中のタブ・スペースとサイズを確認するにはエディターの右下を確認します。
このように[Spaces:4]とか表示されていると思います。

これはスペースが使用されていて、サイズは4という意味になります。

タブが使われている場合はこうなります。下記はタブが使われていてサイズが2になっています。

設定の変更

一時的にタブ・スペースの設定を変更することができます。
先ほど確認した、[Spaces:4]などが表示されている箇所をクリックします。

そうすると、[Indent Using Spaces]や[Indent Using Tabs]というメニューが出てきます。
それぞれを選択して、サイズを選ぶと開いているコードを一時的に設定できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました