AKRacing PINONを大人が使ってみた!レビュー・感想!

AKRacing PINON商品レビュー

AKRacing PINONを購入したので、レビューしてみました。
PINONシリーズについてもまとめています。

今回、嫁(146cm)もリモートワークを始めることになり、長時間座るので購入することにしました。
結論としては、やはり身長の低い人におすすめの商品になっているかと思います。
後述していますがアームレストについては、低すぎるため注意が必要です。



AKRacing PINONについて

公式ページには、下記のように書いています。

PINONシリーズは、主に小学校高学年~中学生のユーザーを想定し、適正身長を145cm~165cmに設定して新たに設計されたティーンエイジャー向けモデルです。
若年層のユーザーにこそ良質なシーティング環境が必須であるとのコンセプトに基づき、従来モデルから小型化を図った製品でありながら、品質、機能には一切の妥協はありません。

基本的にはティーンエイジャー向けのゲーミングチェアになっています。
ですが、身長の低い大人でも使えるゲーミングチェアになっていると感じました。

PINONシリーズについて

PINONのシリーズについてまとめました。
今回、我が家ではPINONスカイブルーを購入しました。
単純な色違いではなくスカイブルーは黒色箇所にファブリック素材を使っているので、購入する時には注意してください。

モデル見た目  型番通常価格
サクラピンクAKR-PINON-WHITE44,800円(税込)
ホワイトAKR-PINON-SAKURAPINK44,800円(税込)
スカイブルーAKR-PINON-SKYBLUE44,800円(税込)

嫁が購入時に色がスカイブルーが良いということで買いましたが、ファブリック素材ということに気づいてなくて、届いてビックリでした😅

UPレザーかファブリックか?

私はPUレザーのPro-Xを使っていますが、エアコンが効いている部屋だと座面が蒸れることもないです。
ファブリックの方が通気性は良さそうですが、PUレザーの方が座った感じが個人的には好きです。

やはり一度店舗で試してみることをオススメします。
実際に座れる店舗は、公式のこちらのページに記載されています。

PINONがないエリアが多いですが、生地の感じなどは同じかと思うので、Pro-XやWolfシリーズで確認してみてください。
(Pro-XはUPレザーでWolfシリーズはファブリック。)

PINONの組み立ては簡単?

PINONの組み立てについてです。
大人がひとりでも組み立てが可能ですが、まぁまぁ重いので、ふたりでやると効率的です。

今回もAmazonで頼みましたが、こんな感じの大きめのダンボールが届きます。

\\ デデーン //

AKRacing PINONのダンボール
たぶん、ダンボールのサイズはAKRacing Pro-Xの時と変わりません。

AKRacing PINONを箱から取り出した

小箱の中には、下記のように部品の説明と組み立て方についての説明書が入っています。
これを見ながら組み立てていきます。
AKRacing PINONの内容物の説明

最初に座面と背面を合わせていきます。
AKRacing PINONの座面と背面を合わせる

その後に、ガスシリンダーを付けて、キャスターをつけていくといった手順です。
AKRacing PINONにガスシリンダーを取り付ける

入っている説明書に合わせて、2人で組み立てると1時間かからないくらいで、組み立て終わったと思います。
シリーズは違いますが、こちらに組み立てかたが詳しく書いているので、参考にしてみてください。

PINONとPro-Xを比較する

今回購入したPINONスカイブルーとPro-Xブルーを比較してみました。
やはりPINONは低身長のティーンエイジャー向きということで、このように一回り小さい感じがします。
AKRacing PINONとPro-Xを比較

座面が浅い感じ

Pro-Xと比べると、下記の画像ではわかりにくいですが、座ってみると座面が浅い感じです。
低身長の嫁からすると、ちょうどいいとのことでした。
AKRacing PINONとPro-Xの座面比較

アームレストの高さについて

アームレストの高さを比べると、このように低いです。
普通に座った時に、手を置くことが難しかったです。
AKRacing PINONとPro-Xのアームレスト比較

リクライニングすると浅い

リクライニングすると、Pro-Xに比べて浅いです。
公式の情報としても、リクライニングした時には最大150度まで、と書いています。
Pro-Xについては最大180度までになります。
AKRacing PINONとPro-Xのリクライニング比較

座り心地はどうなのか?

座った座面の感じは、Pro-Xと変わらない感じです。フワッとしています。
長時間座った仕事終わりの嫁に聞いたところ、下記のような回答でした。

ヤスケ
yasuaki

今日1日、仕事で使ってみてどうだった?

ゲストさん
嫁さん

今まで使っていた椅子と比べて、全然疲れないよ。

ゲストさん
嫁さん

身長的にちょうどいいのがなかったけど、今まで座った中で一番フィットしてる。
買ってよかった!

一番フィットして、疲れないということで、買ってよかったなと思いました。

アームレスト低すぎる問題

アームレスト自体は、このように左右に開いたり、上下の調整も可能です。
AKRacing PINONのアームレスト

ですが、アームレストが低すぎるので、普通に座った時にアームレストに手が届きませんでした。
身長146cmの嫁も届かないとのことです。

小中学生だったら問題ないのでしょうか…?🤔
ここは改善してほしいなと感じました。

AKRacing PINONのメリット・デメリット

AKRacing PINONに座って感じた、メリットやデメリットについて、簡単にまとめました。

メリット

1万円くらいの椅子に比べると、やはり座り心地の良さを感じます。
身長の低い方にはこちらをオススメしたいです。

・低身長の人には大人でもピッタリで、座り心地が良い
・Pro-Xと同じ座り心地で、長時間座っていられる

デメリット

アームレストの位置が低いのが、やはり気になりました。
あまり使わない場合は気にしなくて良いかと思います。

・アームレストが低すぎて、座った時にちょうど良い位置に来ない
・リクライニングしたときの椅子の角度がPro-Xと比べると浅い

PINONのセールはあるのか?

PINONもセールされていることがあります。
我が家では、Amazonのプライムデーセールで、安くなっているところを発見し購入しました。
現在Amazonで確認すると44,800円でしたが、セール時には38,080円になりました。

次回もAmazonでセールになることが、予想されるので公式のTwitterなどをチェックしておいたら良いかと思います!
できればセール時に購入した方がいいですね。

まとめ

今回はAKRacing PINONについて、レビューしてみました。
身長が低い嫁にとって、良い仕上がりの椅子になっているようです。

私も座ってみましたがフワッと感は、AKRacingのPro-Xと変わりませんでした。
気になる箇所はアームレストくらいだと思います。
ティーンエイジャー向けということでしたが、身長が低い大人でも問題なく使えています。

仕事や趣味で、長時間デスクに向かう人にはオススメしたい逸品です。

\\ AKRacing PINONを購入する! //



コメント

タイトルとURLをコピーしました